ニキビの種類(白ニキビ・黒ニキビ)

ニキビにはどんな種類があるの?

ニキビの種類(白ニキビ・黒ニキビ)

ニキビには、大きく分けると段階ごとに5つの種類があります。 ここでは、初期段階の「透明ニキビ」から中段階の「白ニキビ」「黒ニキビ」についてご紹介していきます。

「透明ニキビ」とは、まだ目にはハッキリと見えていないニキビの初期状態です。 微小面皰とも呼ばれる毛穴の皮脂詰まりが始まった状態で、ここにコメドという角栓が形成されるとニキビ予備軍となります。

「白ニキビ」は、透明ニキビの症状が進んだ状態です。 毛穴に詰まった皮脂が白い点として目に見えるようになり、内側では皮膚に常在している雑菌であるアクネ菌が増殖しつつあります。

医学的には面皰(めんぽう)と呼ばれる状態で、透明ニキビが微小面皰であったのに対し、すでにニキビとしてできあがった症状を示しています。

角栓(コメド)で毛穴の入口がふさがれると、毛穴の奥の毛包という部分では皮脂や汚れによって急速にアクネ菌が増殖し、ニキビはさらに悪化していきます。 この白ニキビの状態はニキビの初期~中期段階で、適切なケアや処置を行なえば痕などを残さずに治すことができます。 無理に指でつぶしたりせず、症状に合ったケアや処置をするとともに、食事内容の見直しや睡眠、休養を心掛けるようにしましょう。

「黒ニキビ」は、上記の白ニキビがさらにあっかした状態をいいます。 毛穴に皮脂と汚れが詰まり角栓(コメド)でふさがれている状態で、その奥にある毛包の部分でアクネ菌が増殖しています。 この状態がさらに悪化すると、詰まっていた皮脂が毛穴を押し上げて開かせた状態になります。 毛穴が開いたことにより、空気に触れた皮脂は黒く酸化して見える「黒ニキビ」となります。

黒ニキビは医学的には開放面皰といい、この状態で無理に手でつぶしたり取り除こうとするとニキビ跡になりやすいという特徴をもっています。 この黒ニキビの状態は中期段階で、適切なケアや処置が必要です。 ニキビ痕などを残したくない場合は、症状に合ったケアや処置をするか、もしくは専門医に受診することをお勧めします。