ニキビ予防の洗顔方法

ニキビのできにくいお肌を作るには

ニキビ予防の洗顔方法

ニキビ予防には洗顔が大切といわれています。
ただし、ニキビにはさまざまな原因があり、その原因によってケア方法も異なります。

すべてのニキビが洗顔することで防げるわけではありませんが、正しい洗顔法を実行することでニキビ予防には大きな効果があるといえるでしょう。 ここでは、ニキビ予防に役立つ正しい洗顔方法をご紹介していきます。

(1) メイクをしている場合は、まずクレンジング剤を使って優しく丁寧にメイクを落とします。アイメイクなどは専用のクレンジング剤を使用してください。
メイクをしていない場合は、蒸しタオルなどを使って皮膚を温め、毛穴が開いた状態にしておくとさらに良いでしょう。

(2) ぬるま湯を使って顔を予洗いします。軽いホコリや汗はこの予洗いで落とすことができます。

(3) 洗顔剤(石けん、洗顔料など)を濡らした手のひらで優しく泡立てます。顔の汗や脂などの汚れを落とすのは泡のパワーなので、しっかりと泡を立てておくことが大切です。泡立てが苦手な人は、専用の泡立てネットなどを使うと上手く泡を作ることができます。

(4) 手のひらに立てた泡で、優しく顔を洗います。このとき、顔の中心部分から外側に向けて、手のひらと指を使って洗っていくようにします。鼻の脇や目の周りなどの細かい部分は、指先を使って優しく洗うようにしましょう。気持ちが良いからといって、力を入れてゴシゴシ擦ると皮膚に傷をつける可能性があるので禁物です。

(5) 充分に顔が洗えたら、次はぬるま湯を使ってすすぎを行ないます。洗うときと同じように、顔の中心から外側に向かって手のひらと指を使って優しく丁寧にすすぎます。額や頬など広い部分は手のひらにお湯をためてすすぎ、鼻や目の周りの細かい部分は指先を使って丁寧にすすぎましょう。

(6) 充分にすすぎが終り、洗顔剤の泡を落とし終わったら完了です。